忍者ブログ

東京「あの場所は?」秘宝館

映画やテレビのロケ地、取り壊された建物、あの場所には何があったか、誰も価値を見出さないお宝グッズなどを紹介します。★拍手コメントはブログ管理人TOKUSABUROは拝見出来ますが、お返事が出来ません。なるべく記事下のコメント欄(CM)をご利用ください。匿名、URLなしでもコメント出来ます。(TOKUSABURO宛メールは、メールフォーム欄から送信してください)

植木等と昭和の時代 別冊宝島2545

別冊宝島2545 植木等と昭和の時代

テレビの黄金期! 高度経済成長時代を駆け抜けた男
未公開写真で振り返る
「日本一の無責任男」の生涯
夢と希望に満ちた
「黄金の60年代」
[スペシャルインタビュー]
犬塚弘
「植木の不思議な説得力、天性の特別な力」
小松政夫
「親父さん、逢いてえな」
……etc.
植木等は、戦後日本の復興が加速した高度経済成長期のスーパースター。「無責任」のことばで表される破天荒なキャラクターが有名ですが、実は本人は真面目を絵に描いたような人柄。芸能界入りする前の青年期、クレイジーキャッツの一員として活躍した壮年期、俳優としての地位を高めた晩年など、その活動の記録を秘蔵写真とともに紹介します。高度経済成長時代を象徴する人物・植木等を中心に、日本の活力に満ちた時代を回想します。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

植木等と昭和の時代
価格:799円(税込、送料無料) (2017/2/11時点)





      

拍手[5回]

東京人 2017年3月号

東京人 2017年3月号

http://www.toshishuppan.co.jp/tokyojin.html

出版社名 : 都市出版
発売日 : 2017年2月3日
雑誌JAN : 4910167250377
雑誌コード : 16725-03
税込価格 : 930円







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京人 2017年 03月号 [雑誌]
価格:929円(税込、送料無料) (2017/2/4時点)



◆東京人2017年3月号目次
東京人 3
march 2017 no.381
contents

特集
これはパロディではない
文、解説・成相肇 
写真・尾田信介 12

絵画
横尾忠則
渦巻き状のパラレル・ワールド
文・椹木野衣 20

ビックリハウス
萩原朔美
ハウサーの投稿が、権威を褒め殺した
文・与那原恵 26

地下鉄マナーポスター
ポスターというメディアで価値観を撃つ
河北秀也
文・住吉智恵 32

東京ステーションギャラリー
「パロディ、二重の声」展
副音声とともにお楽しみください
文・成相肇 
写真・尾田信介 38

対談
都築響一×杉本博司
世の中すべてパロディになる
構成、文・足立亨 48

1960~70年代
パロディ顛末記
笑いから「毒」が消えて市民権を得た
文・上野?志 56

もじり、本歌取り
江戸っ子の知的で粋な遊び
文・渡辺憲司 62

パロディは権力をわらう
宮武外骨の反骨
文・吉野孝雄 68

著作権Q&A
福井健策弁護士
日本のパロディ文化は、“阿吽の呼吸”で守られている!?
文・松田慶子 74

インターネット以降のパロディ、
そして都市空間
文・宇野常寛
絵・なかだえり 78

歌舞伎・時代劇・ドリフ
─テレビの体験的記憶
文・井田太郎 80

70年代の筒井康隆は、
僕らのヒーローだった
文・牧眞司 82

漫画家
田中圭一
愛とリスペクトが生んだパロディマンガ
文・井口啓子 88

広告(コピーライター)
河西智彦
爆発的な浸透力で、“笑い”の感情をゆさぶる
文・金丸裕子 92

政治まんが
佐藤正明
人間の根本を描く、
それがたまたま政治家なだけ
文・金井辰樹 96

風刺漫画が世界を語る
文・西川恵 100


先付 春夏秋冬11しじみ汁
文・瀬川慧
写真・大山裕平 3

東京点画
漱石アンドロイドは電気猫の夢を見るか?
文・海猫沢めろん 7
言葉のかけら、その色彩とかたち
文・福田尚代 9
江戸の景観をたずねて
文・梅村俊一 11

曇天記 101 
邪の道を歩く
文・堀江敏幸
写真・鈴木理策 106

ちょいとごめんなさいよ、四時から悦楽 77
目白「いわし料理 すみれ」の巻 
鰯は目白にかぎる
文・林家正蔵
写真・川上尚見 100

テレビドラマ「月9」に見る、
東京の四半世紀
文・松山秀明 116

まちの仕掛け人たち19大田区矢口
昭和の町工場から発信する、
ものづくりによるまちの創造
くりらぼ多摩川
文・金丸裕子 124

女性解放に奔走した女たち
雑誌「青鞜」と平塚らいてう
文・森まゆみ 126

東京つれづれ日誌81
御殿場線の小さな駅
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview 
本屋EDIT TOKYO店長
生江秀 133

Books 本
書評同人
苅部直、平松洋子、山内昌之 134

今月の東京本 137

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能

City 街 140
New Open New Sight
東京ネットワーク

SHOPS&GOODS 112
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146





拍手[3回]

東宝映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」週刊カレント編集部を覗いてみよう





無人ロケット・ヘリオス7号が地球に戻ってきたのを旅客機から目撃したカメラマン久保明さん。週刊カレント編集部でその話をしても信じて貰えません。

窓の向こう、右側を新幹線が走っています。左側には円形のドームが・・・。



だったら、ヘリオス7号の水中写真を撮っても他社へ持ち込むという久保明さんに、堺左千夫編集長は、なんだと!!


窓の向こうに、コカ・コーラの広告看板。





久保明さんを追いかけてきた高橋厚子さんが、駐車場で声を掛けます。
後ろには「活魚 大雅」の看板が見えます。
 




窓の外に写っていたドームは日比谷映画。下の1970年の航空写真にはコカコーラの看板も写っています。週刊カレント編集部は、日比谷映画南側(左側)千代田劇場の一室でロケーション撮影をしていると思います。





「銀座 大雅」(千代田区有楽町2-2-2)は2015年2月末日で閉店。隣接するニュートーキョービルと共に取り壊され、現在、工事が行われています。


         


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣 [ 久保明 ]
価格:2000円(税込、送料無料) (2017/1/11時点)





拍手[20回]

宮崎祐治「東京映画地図」(キネマ旬報ムック)

映画やテレビのロケ地ブームですが、映画ロケ地本で今年すごいなとおもったのは、この一冊でした。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京映画地図 [ 宮崎祐治 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/12/31時点)































拍手[31回]

「逃げるは恥だが役に立つ」ロケ地大善寺、参拝者が10倍に

「逃げ恥」ロケ地、参拝客10倍 山梨の寺、初詣の準備

http://digital.asahi.com/articles/ASJDY5K3TJDYUZOB005.html

2016年12月30日07時29分

大掃除を終え、初詣の準備を整えた大善寺=山梨県甲州市勝沼町勝沼




            



拍手[12回]

日活映画「上を向いて歩こう」

永六輔追悼でチャンネルNECOで今月「上を向いて歩こう」を放送しています。





少年院から脱走し、芦田伸介に助けられた坂本九と浜田光夫はケガをして入院。
芦田伸介の娘、吉永小百合が見舞いに訪れます。



東慈愛病院という看板が出ています。



病室の窓から外を見た吉永小百合。「あら、おとうさんだわ」



芦田伸介と一緒に少年係刑事嵯峨善兵がいるのに気がつき、浜田光夫は病室窓から脱走。



おい、忘れ物と浜田光夫が大切にしていたドラムのスティックを投げた坂本九。
向こうには国立競技場が見えます。




走り去る浜田光夫の向こうには「立ち退き反対」らしき看板。



東慈愛病院のロケ地は、以前「向田邦子が東京五輪開会式を見た場所は?岡崎友紀も同じマンションに住んでいた。」で触れた竹中工務店社員寮(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-14-8)。
東京体育館南側(左側)2軒目に、やや斜めに建っている建物です。1986年の地図には載っていますが、1990年の地図ではすでに更地になっています。



1970年1月公開の映画「ブラボー若大将!」の明治公園でのロケシーン。
加山雄三さんの左肩後ろになります。




銀座に出た浜田光夫。楽器店でドラムを発見。



ヤマハピアノオルガンと、わざわざ映画に映しているからロケ地はヤマハ(東京都中央区銀座7-9-14)だと思います。



店を出た浜田光夫は線路沿いを疾走。



神田にあった中華料理店萬珍楼(東京都千代田区内神田3-19-9)が写っています。






高橋英樹と吉永小百合が勉強していた図書館は日比谷図書館(東京都千代田区日比谷公園1−4



有楽町駅横、日比谷方向・日活ホテル(現在は「ペニンシュラ東京」)が写っています。



これは東芝のマツダビル。現在は東急プラザ銀座が建っています。




浜田光夫が坂本九を呼び出したのは当時の朝日新聞社横の駐車場。
東映本社と平和生命が写っています。








坂本九が乗っているトラック(トヨエース)の鍵を落としたのを見つけ追いかけてきた浜田光夫。坂本九が道で偶然遭った少年係刑事嵯峨善兵と話しているのを見て立ち止まります。
銀座教会も写っています。




オートレースを利用しての私設賭博場。浜田光夫が慕っていたドラマーのドラムスセットは貯まった賭け金の方に取られてしまった。それを取り戻すために仕組んだ手立ては・・・。




ロケ地はまたもや内神田の線路沿いを利用。




私設賭博場は神田駅のすぐ近くのビルの中にあります。千代田区内神田3-6辺りでしょうか。



最後は国立競技場で「上を向いて歩こう」の大合唱。おしまい










         





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

上を向いて歩こう [ 佐藤剛 ]
価格:766円(税込、送料無料) (2016/12/26時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

上を向いて歩こう DVDスペシャル・コレクション [ 坂本九 ]
価格:8359円(税込、送料無料) (2016/12/26時点)




拍手[29回]

フリーエリア













最新コメント

[08/19 グズグズ]
[08/15 グズグズ]
[07/20 maru]
[07/20 maru]
[04/09 NO NAME]
[01/10 Hiroyuki Sasaki]
[08/07 渡辺]
[02/23 たみたみ]
[01/14 D組のS]
[08/18 かおるん]

カテゴリー

P R

プロフィール

HN:
tokusaburo
性別:
男性

コガネモチ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム(TOKUSABURO宛)

バーコード

ブログ内検索