忍者ブログ

東京「あの場所は?」秘宝館

映画やテレビのロケ地、取り壊された建物、あの場所には何があったか、誰も価値を見出さないお宝グッズなどを紹介します。★拍手コメントはブログ管理人TOKUSABUROは拝見出来ますが、お返事が出来ません。なるべく記事下のコメント欄(CM)をご利用ください。匿名、URLなしでもコメント出来ます。(TOKUSABURO宛メールは、メールフォーム欄から送信してください)

「エスパイ」草刈正雄が高村ルナに拉致されたロケ地を捜査しよう

1974年東宝映画「エスパイ」ロケ地の第2弾。

草刈正雄(三木という役名らしい)が、在日大使館という設定の建物で警備をしています。



テレパシーだかで何かを感じるらしい。



犬が吠えて止めるのも聞かず、門の外へ出ます。港区麻布四丁目18(?)という住所表示。



近寄ってきたクルマから降りたゴールデンハーフの高村ルナ。
草刈正雄は自分の幼なじみだと思い込んでしまいます。



必死に吠えて、草刈正雄に警告する犬のお巡りさん。しかし、建物に繋がれていて動けません。



そこへ仮面ライダー藤岡さんと若大将加山さんが自動車で到着。



どうしたんだ?

 

♪ 迷子のまいごの草刈クン アナタの行方はどこですか?

 メス人間に色目を使われ鼻の下伸ばし失踪しちゃったと説明します。

(立ちんぼしてた制服警官は、なにをしておったのだ。 あん?)



追いかけましょうと相談



犬のお巡りさん 怒ってしまって ワンワンワワンと自動車を先導します。







前回も紹介した「居ながらシネマ  『エスパイ』 (1974)」でも指摘していらっしゃいますが、
最初に出てくる建物と、塀の外は別のロケ地です。

最初に出てくる建物は千代田区富士見1-1-1にあるフィリピン大使公邸。
下の写真は、2009年10月31日の朝日新聞夕刊に掲載された記事だそうです。


 




そして、塀の外は「居ながらシネマ  『エスパイ』 (1974)」にあるように日立目白クラブ新宿区下落合2-13-28)。

以前は、この建物、山手線からも見えたのですよね。(下の地図ではA地点)



藤岡弘と加山雄三が自動車でやってきて止まる角は正門前ですね。
(下の地図ではB地点)



その後、おいかけましょうと相談するのは、西側にある通用門前だと思います。
(下の地図ではC地点)





犬のお巡りさんが走っていくのはD地点方向へ向けてです。

草刈正雄がさらわれたのを教訓にしてか「気をつけよう甘い言葉と暗い道」と表示してあります。




余談ながら、現在、港区六本木5-15にあるフィリピン大使館は、この映画の後、一時期、渋谷区南平台のフィリピン賠償使節団事務所跡地に移っていました。

藤森照信先生「建築探偵日記」(私の手元にあるのは完本でなく旧版)で、六本木5丁目のフィリピン大使館横にあった小田良治邸の章で、昭和63年、伊丹(十三)プロの人が本格的なホラー映画を撮影したい。幽霊屋敷みたいなものは知らないかと尋ねてきたという話があります。
たとえば、どのような建物かと聞くと、鳥居坂の旧フィリピン大使館みたいな建物と言われ、あれはマルコス資産でアキノ政権が調査中だから使えないと答えたそうです。
そんなニュースが当時はありましたね。
小田良治邸とそのまた隣にあったジレット邸(山尾三郎子爵邸)は、藤森照信先生の「失われた建築近代建築 Ⅱ 文化施設編」に収録されていますが、伊丹プロが幽霊屋敷のロケ地として目を付けた鳥居坂の旧フィリピン大使館は、当時、週刊誌などでも話題になったのに、ネット検索しても建物の写真がまったく出てきません。不思議 フシギ


         

拍手[16回]

PR

東宝映画「エスパイ」国際公害研究機構から見た神宮外苑

報道によりますと、タレントのエスパー伊東さんが600万円を脅し取られていたそうです。

全然関係ないけど、今回のロケ地は1974年東宝映画「エスパイ」の国際公害研究機構。

建物の中に入ったことはありませんが、加山雄三さんの後にうつる千駄ヶ谷駅と神宮外苑の位置からして、渋谷区千駄ヶ谷5-1−11にある岡設計。
なぜだか存じませんが、この後「国際公害研究機構」の看板をセットした建物東側の部分は削られ現存しません。

映画「エスパイ」のロケ地は、こちらのブログに詳しく載っています。→居ながらシネマ 『エスパイ』 (1974)



先日、麻布田能久さんがFacebookで触れていらした四ツ谷の迎賓館から神宮球場横を抜けるコースは
「日本一のホラ吹き男」で植木等さんが西條社長( 江川宇礼雄)を大京町のエンパイアコープまで追跡する場面に出てきます。
(実は1960年に「サラリーガール読本 お転婆社員」で、星由里子さんと浜美枝さんも同じコースで佐原健二さんと水野久美さんを追いかけ、さらには明治通りを通り富久町まで行きます)
若大将がマラソンしたり水泳したこともありましたね。

東宝映画は神宮外苑がお気に入りだったようです。




映画「エスパイ」で由美かおるさんに、エッチパイしてしまう俳優はウイリー・ドーシーさん。
テレビドラマなどにも、よく登場していました。
(下の写真は1970年版のタレント年鑑より・・・植木等さん、自宅住所だけでなく電話番号も載せています




新宿御苑脇に岡設計の建物が建ったのが1960年代の終わり頃でしょうか?
それより少し前に、岡設計よりやや代々木側に日本デザイン専門学校が建つまでは、
千駄ヶ谷5丁目の一角は木造家屋ばかりでした。
先日、この一角にまたマンションをつくるという新聞折り込み広告が入っていました。




日本デザイン専門学校の建物は、1970年の日活映画「一度は行きたい女風呂」で、
代々木国際予備校のロケ地として使われています。
浜田光男・沖雅也・前野光保が絡む喜劇映画です。







前野光保(上の写真で教卓のカセットテープを触ろうとしている人)は、1976年3月に
ロッキード事件で、コーチャン社長からロッキード社の秘密エージェントだと証言された児玉誉士夫邸に、
小型機で突入した俳優です。

 

児玉誉士夫邸は等々力6丁目の産業能率大学のすぐそば、現在はマンションが建っています。







拍手[7回]

フリーエリア













最新コメント

[09/23 logic@サプライズ家庭教師]
[08/19 グズグズ]
[08/15 グズグズ]
[07/20 maru]
[07/20 maru]
[04/09 NO NAME]
[01/10 Hiroyuki Sasaki]
[08/07 渡辺]
[02/23 たみたみ]
[01/14 D組のS]

カテゴリー

P R

プロフィール

HN:
tokusaburo
性別:
男性

コガネモチ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メールフォーム(TOKUSABURO宛)

バーコード

ブログ内検索