忍者ブログ

東京「あの場所は?」秘宝館

映画やテレビのロケ地、取り壊された建物、あの場所には何があったか、誰も価値を見出さないお宝グッズなどを紹介します。★拍手コメントはブログ管理人TOKUSABUROは拝見出来ますが、お返事が出来ません。なるべく記事下のコメント欄(CM)をご利用ください。匿名、URLなしでもコメント出来ます。(TOKUSABURO宛メールは、メールフォーム欄から送信してください)

東宝映画「誰のために愛するか」ロケ地は今・・・

昭和46年(1971年)酒井和歌子さん主演「誰のために愛するか」。

映画冒頭、主人公の女性銀行員は自宅アパートの洗濯物を取り込みながら、隣の屋根で寝ているネコに「バ~ン、バンバン」。
窓辺に置いてあるのは洗面器ではなくプラスチック製の盥(たらい)。洗濯機はなく洗濯物は手洗いをしていた設定です。



タイトルバックで酒井和歌子さんが歩く陸橋は、国鉄田端駅横の「田端大橋」。現在は新しい田端大橋に架け替えられ、また駅ビルが出来ているので、この光景は見られません。
右後ろに映る「滝野川信用金庫」は現在もありますが、中央に映る「シャープエンジニアリング」の建物は現在ではGEOINITIAタバタという建物になっています。





下の朝の通勤場面・・・。
確証が持てないのですが、当時の新宿駅南口、小田急線改札口から一旦甲州街道側道路に出て、国鉄南口前の横断歩道を渡っているのではないでしょうか? 当時、すでに小田急線・国鉄の連絡改札口も建物内部の通路もあったはずですが道路に出ないと撮影できませんから。






下の場面は「SEIBU」と「PARCO」の配置から池袋のはず。
この場面の前に、銀行の支店内部を使ってのロケーション撮影をしています。
JCBカードのステッカーが出入口ガラス扉に貼ってあるので、東宝・阪急グループと関係が深かった三和銀行の支店でしょうか。




酒井和歌子さんの実家は山梨県甲府市の「浅原橋」停留所の近所です。




この電車のプラットホームは東横線中目黒駅でしょう。


なぜかと申しますと、次につづくストーカーの男性が陸橋の上で待ち構えている場所は、中目黒駅の近く「鴻巣橋」ですから。



ただし、次に続く場面は鴻巣橋ではありません。頑丈そうな構造からみて東横線あたりのガード下ではないでしょうか?



デートする喫茶店は、数寄屋橋の高速道路下。窓の向こうに当時の数寄屋橋交番と不二家が見えます。




映画「チャイコフスキー」を上映しているのが有楽座。奥が千代田劇場。
現在は日比谷シャンテになっている場所です。




映画のあらすじ解説によると、石廊崎灯台。


ほかのブログを拝見して知りましたが、下の喫茶店は成城学園前の「ロータス」だそうです。
一階が洋菓子売り場。二階が吹きぬけで喫茶室になっていたのはおぼえています。
春闘で交通ゼネストがあった当時、小田急線はストライキをしないので沿線に住む友人の自宅に
泊めてもらったことがあります。そのとき、ロータスのお菓子を手土産に持っていきました。
青柳の西側、現在パチンコ屋さんになっている建物の隣(世田谷区成城6-5-25第一住野ビル)にありました。




この春開店した銀座東急プラザの前に建っていた東芝ビル名店街から出てきたところ。
右端の三角屋根が先ほどの数寄屋橋交差点角の不二家。




最後の場面は、また田端陸橋に戻ります。 オシマイ








   





   




拍手[21回]

PR

東宝映画「恋にめざめる頃」酒井和歌子行きつけの新宿のスナック

今週、日本映画専門チャンネルで、1969年東宝映画「恋にめざめる頃」を放送しています。



酒井和歌子は、有楽町駅で山手線を下車し虎ノ門近辺を歩いて通勤します。
その間に、ビルのかげで待ち伏せしていたり、カフェテラスふうの店で朝食を取りながら待ち伏せしていたり、路上に停めた自動車のバックミラーを見ながら待ち伏せしていたり、同僚の男性社員3人に付きまとわれます。
現在の感覚でいえば、ストーカーですね。(笑)



酒井和歌子さんたちが行きつけのスナックは、新宿駅東口にあります。
この日、酒井和歌子さんが着ているのはスキーウェアです。



ふと、店の外を見ると「ガス人間第一号」となり蒸発し家を出てしまった父(土屋嘉男)が歩いているを見つけました。



スナックを飛び出し、行方を追う酒井和歌子さん。

結局、この日は新宿の地下街を新宿駅西口まで探しまわりましたが父の姿を見失い、後日、猪苗代に住んでいる父を訪ね当て、自宅に連れ戻します。
酒井和歌子の母親役は草笛光子。つまり草笛光子15歳の時に生まれた勘定になります。
草笛光子さんは服飾デザイナーで自家用車も所有、自宅は一戸建ての大きな構えで、近所に松花学園の看板がある場面があるから、成城学園前駅南口、成城2丁目です。

蒸発し猪苗代町で美容院を営む市原悦子と共稼ぎする土屋嘉男は、そんな草笛光子と酒井和歌子に仕送りまでしています。娘の酒井和歌子はすでに会社勤めをしていて養育費は不要だし、よほど有責性の高い過ちを犯し妻子に慰謝料を分割で支払っていたのでしょうか?


え~、新宿駅東口のスナックのロケ地に話を戻します。
現在もある住友銀行(三井住友銀行)の建物、階数はおそらく3階を借りての撮影です。
上から3番目の写真で、ガス人間オトウサンたちの右後ろにある建物ですね。

ガス人間オトウサンたちの左後ろの建物が、現在、新宿アルタのところに建っていた二幸。
三越系列の食料品専門店でした。
映画では、ガス人間オトウサンたちを追いかける酒井和歌子が二幸のさらに左側から走ってきたり、このスナックの場所を二幸の左側(西側)と設定して撮影している様子です。
酒井和歌子が階段を駆け下り道路に飛び出す場面でも、道路東側から二幸東隣にあるAOKI靴店のショッピングバッグを持って歩いてきた男女と交錯します。
しかし、上から3番目と4番目の写真に写っている歩行者道路横断禁止の標識位置から見て、ロケーション撮影が住友銀行ビルで行われたのは明らかです。

この場面の後、酒井和歌子が食料品売り場で買い物をしますが、この場面も二幸ではなく、小田急百貨店の食品売り場です。当時の小田急百貨店のショッピングバッグが出てきます。
またもや驚いたことに、この食品売り場で酒井和歌子は当時100グラム400円もした「すじこ」を買います。スゴイ!! 仕送り返せョ。



結局、土屋嘉男は猪苗代に戻ってしまいます。
友人の結婚式を見届けた酒井和歌子さんは、恋に目覚めニコニコしながら西新宿を歩きます。
当時のオネエサンたちは、こんなゴーゴーガールみたいな服装で歩いていたのでしたっけ?
記憶があやふやになってきました。
















拍手[9回]

フリーエリア













最新コメント

[04/09 NO NAME]
[01/10 Hiroyuki Sasaki]
[08/07 渡辺]
[02/23 たみたみ]
[01/14 D組のS]
[08/18 かおるん]
[08/10 Tokusaburo]
[05/25 くに]
[03/21 キスカ湾]
[03/21 キスカ湾]

カテゴリー

P R

プロフィール

HN:
tokusaburo
性別:
男性

コガネモチ

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 25 26 27
28 29 30 31

メールフォーム(TOKUSABURO宛)

バーコード

ブログ内検索