東京「あの場所は?」秘宝館

映画やテレビのロケ地、取り壊された建物、あの場所には何があったか、誰も価値を見出さないお宝グッズなどを紹介します。★拍手コメントはブログ管理人TOKUSABUROは拝見出来ますが、お返事が出来ません。なるべく記事下のコメント欄(CM)をご利用ください。匿名、URLなしでもコメント出来ます。(TOKUSABURO宛メールは、メールフォーム欄から送信してください)

「日本一のゴマすり男」字幕タイトルの空撮ロケ地を見てみよう



昭和の爆笑喜劇DVDマガジン「日本一のゴマすり男」が発売されます。



畑の中を走る東海道新幹線。
おそらく、新横浜あたりで東京からそんなに離れていないところです。



またもや登場、赤坂見附交差点と弁慶橋。



駒沢のオリンピック競技場



東京スカイツリーではありません。



よくわからんけど、左側の突き出たところが「夢の島」で、右側が豊洲でしょうか。



清洲橋です。



中野区富士見町の営団地下鉄車庫。
ここは丸ノ内線の車庫なのに、赤い丸ノ内線の中に一編成だけ黄色い銀座線が混じっているのはなぜなのでしょう。



どこかの団地ですよね。ご存知の方、教えてください。



祝田橋交差点。左が二重橋方向。



京橋三丁目から宝町方向へ北上します。



真ん中あたりが京橋二丁目。



真ん中のビルが、日本タイプライター株式会社(京橋1-1-12)(京橋1-11-2)
左端は「ときわ相互銀行」(日本橋3丁目)昭和通りを挟んだ向かい側が朝日ビルです。


この後、カメラが地上撮影に切り替わり植木等さんが呉服橋交差点を渡ってきますが、
空撮映像と地上映像は場所がつながっていません。


1985年(昭和60年)の日本タイプライター雑誌広告。
すでに日本語ワードプロセッサーが普及し始めていた時期です。









拍手[7回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

日本タイプライター(株)

近代建築ブログを書いているグズグズと言います。いつも明快な検証に関心しています。ところでケアレスミスだと思いますが、日本タイプライターの建物は京橋1−11−2です。余分な話ですが設計者は旧朝日新聞社や今はなき白木屋を設計した石本喜久治です。

Re:日本タイプライター(株)

グズグズ様

ご指摘ありがとうございました。
ブログ訂正しました。
蛇足ながら、昭和60年の日本タイプライター雑誌広告写真を追加しました。

  • tokusaburo
  • 2013/05/21(Tue.)

銀座線と丸ノ内線のレールは繋がってます。

>>丸ノ内線の車庫なのに、赤い丸ノ内線の中に一編成だけ黄色い銀座線が混じっているのはなぜなのでしょう。

銀座線と丸ノ内線のレールは赤坂見附駅で繋がってます。
銀座線の車両の検査や修理の関係で富士見町車庫に入る事があります。
そのため、この写真は銀座線の車両を丸ノ内線の車庫で点検してるものと思われます。

フリーエリア













最新コメント

[05/14 ぶらぼ]
[05/13 さすらい日乗]
[05/13 さすらい日乗]
[05/13 さすらい日乗]
[05/13 さすらい日乗]
[05/12 さすらい日乗]
[05/12 さすらい日乗]
[02/03 清水]
[08/12 環八街道レーサー]
[06/27 NO NAME]

カテゴリー

P R

プロフィール

HN:
tokusaburo
性別:
男性

コガネモチ

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メールフォーム(TOKUSABURO宛)

バーコード

ブログ内検索