忍者ブログ

東京「あの場所は?」秘宝館

映画やテレビのロケ地、取り壊された建物、あの場所には何があったか、誰も価値を見出さないお宝グッズなどを紹介します。★拍手コメントはブログ管理人TOKUSABUROは拝見出来ますが、お返事が出来ません。なるべく記事下のコメント欄(CM)をご利用ください。匿名、URLなしでもコメント出来ます。(TOKUSABURO宛メールは、メールフォーム欄から送信してください)

続「豹は走った」は「007は二度死ぬ」ロケ地を二度走った


せっかくだから、「007は二度死ぬ」赤坂6丁目カーチェイス場面のロケ地も見ておきましょう。

(1)正面に右手からの崖が見える場所。



この辺りの建物は変貌が激しいのですが、正面の崖の形状からみて、現在ではこのあたりになると思います。赤坂6丁目13と14の間を走る道路です。



(2)電柱に「ホテルニュー赤坂」の表示がある場所は、グーグルストリートビューで見ると、左側のコインパーキングになっているあたり。(赤坂6-12
グーグルマップに置き換えると、現在、この場所には「甲陽ビル」という建物が建っているようです。


この後「学童通学路」という看板が立っている角を曲がる場面が差しこまれますが、「学童通学路」の看板設置者が「渋谷警察署」となっているので赤坂ではありません。
渋谷区の常盤松小学校付近に似た場所があったと記憶しますが、生憎グーグルのストリートビューには選ばれていない通りでした。住居表示があり、横にお稲荷さんの祠らしきものがあるので結構見つけやすいかもしれません。







(3)「6丁目18」の下り坂路地から出てくるトヨタ2000GT。





すぐ横に、消防官募集らしき掲示板が見えます。

グーグルストリートビューの設定上、かなり手前からの画像になってしまいましたが、左から2軒目の建物が赤坂消防署新町出張所(赤坂6-17)。
右側のカーブミラーがある地点の下り坂を、トヨタ2000GTが乱暴な運転で飛び出してきたのでしょう。





あまりに、乱暴な運転をしたため若林映子とジェームズ・ボンドは、「笑点」の座布団運びで「手を上げて横断歩道を渡ろうよ」と、声高に交通安全を呼びかけた松崎誠さんにお仕置きされます。




拍手[17回]

PR

「豹は走った」は「007は二度死ぬ」ロケ地を二度走った

先日、イマジカTVで「007は二度死ぬ」を放送していました。

この映画の3年後に公開された東宝映画「豹は走った」と同じホテルニューオータニ周辺でロケーション撮影をしていたのはおぼえていましたが、ロケ地がよく似ているのが興味深く、楽しめましたわい。

(1)「豹は走った」に出てくる不二サッシ広告塔と鉄道弘済会館がそのままうつります。

左端のたてものは、映画「接吻泥棒」で団令子さんが在籍している聖立高女のロケ地となったカトリックメリノール宣教会です。



(2)若林映子さんが運転するトヨタ2000GTに乗ったジェームズ・ボンドは、ホテルニューオータニ横のスロープを下りてきます。



このスロープは現存しません。

「『日本一のゴマすり男』目高邸へのドライブコース、ロケ地を走ろう」で使った1970年当時の航空写真を再利用し説明します。

以前のホテルニューオータニは、この写真に写っているように、弁慶橋のすぐ手前まで行けるようになっていました。その出入り口が、このスロープ。
現在、ガーデンコートという建物があるあたりになります。




(3)スロープから出てきた場所は、正面の建物が日本料理「弁慶橋清水」。右側は、当時は赤坂プリンスホテル駐車場だったのでしょうか。
後に、この場所を合わせて赤坂プリンスホテルの新館入口とし、「弁慶橋清水」は道路よりやや内側の赤坂プリンスホテルの一角に移りました。

現存する和風の建物「ふくでん(福田屋別館)」がある場所は、この写真だと左端の木に隠れてしまい、この中にはうつっていないと思います。

なお、1970年の「豹は走った」では、このスロープは通らず清水谷公園の横を、この写真の左方向から警察車輛先導で走ってきます。





(4)カーチェイスの末、出てきたところは赤坂6丁目近辺らしい。

この後「ホテル ニュー赤坂」は東京都港区赤坂6-12-8に現在もあります。

【訂正】「ホテル ニュー赤坂」はネット検索すると、東京都港区赤坂6-12-8と表示されますが、ネット上の地図ではそれらしい建物が確認できません。おそらく、最近になり取り壊されたようです。

この後、トヨタ2000GTが路地から出てくる角には、赤坂6-18の住所表示がうつります。

グーグル・ストリートビューでみると、たぶんここだと思われる路地がありますが、あたりの様子は大きく変わっています。




「豹は走った」ばかりではなく、この後「『日本一のゴマすり男』植木等・二瓶正也カーチェース場面ロケ地を辿る」で走る駒沢オリンピック公園や、代々木体育館横でもカーチェイス場面を撮影しています。

「豹は走った」の西村潔監督は、古澤憲吾監督の助監督経験があったそうですし、当時の東宝映画定番のロケ地を継承したのでしょう。


今日の余談

「007は二度死ぬ」でタイガー田中を演じた丹波哲郎さんの自宅は、西荻窪にありました。
亡くなった後、取り壊され分譲され現在では複数の家屋が建っています。
グーグル・ストリートビューで「東京都杉並区西荻北4-6」をみると、まだ分譲される前の空き地の状態でうつっています。














拍手[11回]

「豹(ジャガー)は走った」のロケは清水谷を走った



いよいよ、アメリカ亡命のため米軍基地へ向かう大統領。

ホテルニューオータニを出発し紀尾井坂を降りた様子で、
ただいま清水谷公園横を走っています。

左側が紀尾井坂。
坂の角地、今は高級外国ブランドの店だかがあるところは、
歌舞伎の尾上松禄さんの自宅でした。
尾上辰之助さんの代になっても、ここにお住まいでした。

右側が清水谷坂。
坂の角は、ブリヂストンの研究施設でした。

正面の茶色い建物は善隣会館。
映画では写っていませんが、
善隣会館隣に清水茶房という喫茶店がありました。

正面の雑木林は、参議院宿舎の一角だったのでしょうか。
当時の参議院宿舎は清水谷側にも狭い出入り口がありましたが、
車両は麹町の大通り側からしか入れませんでした。




現在だと、こんな感じです。





この映画、はじめのほうでセリフ一切なしで黒沢年男が登場します。
また、登場するのかなと思っていたら、結局そのままでした。



拍手[5回]

「豹は走った」 靖国神社でアクション場面を撮影してた

豹は走った靖国神社1

え~、自分の国で革命が起こりアメリカへ亡命する途中、
のんびり3日間もホテルニューオータニに宿泊した大統領は、
ご丁寧にも靖国神社にも参拝なさいます。

考えてみると、商業映画でほかに靖国神社境内でロケした映画って、あったでしょうか?

ついでに、参拝だけでなく、そこに左翼系学生デモが登場し、テロリストが現れ、
田宮二郎がホテルに連れ込んだ西洋女性を、加山雄三が誤って射殺する場面まで撮影しています。

豹は走った靖国神社2


こんなロケーション撮影を靖国神社が認めたというのは、今から考えるとスゴイことですよね。

拍手[7回]

「豹は走った」ホテルニューオータニから見た鉄道弘済会館

1970年公開の東宝映画「豹(ジャガー)は走った」

南ネシア共和国にクーデターが起こり、アメリカに亡命するため
東京に滞在するジャカール大統領。

ジャカール大統領を暗殺するためホテルニューオータニに宿泊したヒットマン田宮二郎。




鉄砲の御稽古してます。




この不二サッシ広告看板は、「日本一のゴマすり男」で目高邸へ行く時にも写りました。

「日本一のゴマすり男」目高邸へのドライブコース、ロケ地を走ろう(14)参照〕




鉄砲の照準を右へずらすと、鉄道弘済会館。
当時は、鉄道が付かず弘済会館という名前でした。




この映画の前年1969年の空撮映像です。
不二サッシの看板があったのが麹町ビルという名前だったと思います。
その右隣がニュー麹町ビル。
キンコーズの店舗検索で四ツ谷店が「東京都千代田区麹町5丁目3−23 ‎ ニュー麹町ビル1階」と出るので、
ニュー麹町ビルは、まだ健在のようです。
一軒おいて、南下りの坂道を渡ると弘済会館。こちらのビルも当時のままです。

ニュー麹町ビルと弘済会館の間は、大和屋という江戸時代からの質屋さん。
小学校の時、鼠小僧が入ったので取り付けたというどんでん返し付きの土蔵を見学に行きました。
昭和37年か38年だったはず。
この映画の頃は、まだ質屋も土蔵もありましたが、大通り側はガソリンスタンドになっていました。
1980年代になってからヤマトビルという貸しビルとなり、一階が文房具も置いてある書店でした。
グーグルアースで見ると2009年の画像では工事中。
その後、現在は浅古ビルという建物になっているようです。




弘済会館と不二サッシの広告塔、そしてホテルニューオータニは、
昭和40年代には、かなり遠くから見えました。

この写真は昭和42年「ゴーゴー若大将」で、赤坂にある実家田能久に帰る若大将。

赤坂見附の高速道路の向こうに弘済会館と不二サッシの広告塔がうつります。
東宝映画「レッツゴー!若大将」田沼雄一は稀代の方向音痴の弁慶橋場面でもうつります〕

アオイの看板があるところが葵ビルになるはずです。
若大将は、この先で右へ曲がります。
現在だとノアビルがある場所になります。
大通りの一本内側路地を挟んで一本内側(田町通り)に田能久がある設定になっています。
(ただし、田能久はセット撮影)


映画「豹(ジャガー)は走った」に話を戻します。

ホテルニューオータニが出来た当時、同じ小学校で同じクラスの結構裕福な家の女の子が、
あのいちばん上で食事すると、お寿司一人前千円するんだってと言ったので、みんな驚きました。
昭和40頃のことです。

現在、『THE Sky』sky BARのメニューを見ると、寿司5貫で三千円となっています。
去年、自民党総裁選当日の決起集会で安倍晋三グループが、ホテルニューオータニで昼食にカツカレーを食べた。

ホテルニューオータニのカツカレーは、レストランで食べると3800円するという報道があり話題になりました。昭和40年当時のカツカレーは幾らだったのでしょうか?






拍手[6回]

「豹は走った」のロケ地 パレスサイドビル


今週、日本映画専門チャンネルで「豹(ジャガー)は走った」(1970年東宝)を放送しています。

青大将のパパは商社の社長さんです。
息子の恋路の邪魔ばかりする警視庁出身のスナイパー若大将に腹を立て、
秘書の加賀まりこに、大映出身の殺し屋田宮二郎を手配させ、若大将をやっつけようと計画します。

(ちょっと違ったかもしれない…)




パパの会社で、革命が起こった東南アジアの某国と武器輸出の話をする青大将パパ。
ロケ地はパレスサイドビルです。

「日本一のゴマすり男」撮影時には、まだ工事中だったパレスサイドビルは、
完成後すでに4年が経過しています。



パレスサイドビル北側に、共立講堂の丸い屋根と共立学園の校舎。
その向こうに小学館がそびえています。

現在は、共立女子大が高層ビルを建てたので、パレスサイドビルから小学館は見えないはずです。

実は、加賀まりこさんは神田小川町の生まれ。
小川小学校から、小学館の隣にある一橋中学に進んでいます。
育ったのは神楽坂らしいけど、ほとんど地元でロケしてます。

一方、若大将映画の澄子さん役、星由里子さんは鍛冶町出身で、
錦華小学校、今川中学出身。

ふたりは昭和18年12月生まれで、星由里子さんが5日オネエサン。
小川小学校と錦華小学校は統合され、現在、千代田区立お茶の水小学校となっています。

危うし 若大将… (つづく)


今回の余談
下の写真は、パレスサイドビルの前に建っていたリーダーズダイジェスト東京支社。
昭和26年に建てたのに昭和39年に壊され、跡地にパレスサイドビルが建てられました。

写真は「建築昭和史」(新建築社)より




なお、錦華小学校で星由里子さんを教えた富川先生は、私が6年の時に私が通う小学校に転任してきました。うちにあった古い週刊明星で母校錦華小学校を訪れた星由里子さんが富川先生と談笑する写真を見た時はビックリでした。





拍手[4回]

フリーエリア













最新コメント

[04/09 NO NAME]
[01/10 Hiroyuki Sasaki]
[08/07 渡辺]
[02/23 たみたみ]
[01/14 D組のS]
[08/18 かおるん]
[08/10 Tokusaburo]
[05/25 くに]
[03/21 キスカ湾]
[03/21 キスカ湾]

カテゴリー

P R

プロフィール

HN:
tokusaburo
性別:
男性

コガネモチ

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 25 26 27
28 29 30 31

メールフォーム(TOKUSABURO宛)

バーコード

ブログ内検索