忍者ブログ

東京「あの場所は?」秘宝館

映画やテレビのロケ地、取り壊された建物、あの場所には何があったか、誰も価値を見出さないお宝グッズなどを紹介します。★拍手コメントはブログ管理人TOKUSABUROは拝見出来ますが、お返事が出来ません。なるべく記事下のコメント欄(CM)をご利用ください。匿名、URLなしでもコメント出来ます。(TOKUSABURO宛メールは、メールフォーム欄から送信してください)

追悼・星由里子さん 実家と就職先大鳳建設のロケ地を見てみよう

星由里子さんが亡くなりました。

東宝映画「サラリーガール読本 お転婆社員」ロケ地がそのままになっていたので続けます。







5人の真ん中が星由里子さん、右から2番目が浜美枝さん。左隣が田村奈巳さんです。


自宅までスクーターで送ってもらう星由里子さん。




橋を渡ります。



地形や形状から橋は台東区の柳橋。
映画の説明をみると、実家は料亭竹川と映画説明では記されていますが、橋を渡り暖簾をくぐる建物には「升川」の文字。店の造りは料亭ではなく割烹・小料理屋です。



ロケ地は、現在「TDK柳橋倶楽部」(台東区柳橋1-2-13)となっている場所だと思います。


勤務先「大鳳建設」の屋上ロケ地は、大手町ビルの斜め前にあった東京貿易会館



丸の内方向の風景や、当時の住友銀行東京営業部がうつります。





先輩社員の佐原健二と水野久美が出掛けるのを見た星由里子・浜美枝コンビはタクシーを停めて追跡開始。










千駄ヶ谷の国立競技場前を通過し神宮プール側から国鉄ガードを潜ります。
植木等さんも「日本一のホラ吹き男」で、ここを通り江川宇礼雄をコープオリンピアまで追跡しました。

後に星由里子さんがマラソンをする若大将を追いかける逆コースです。



着いたのはホテル本陣という話は以前すでに書きました。



大鳳建設ロケ地ですが、屋上シーンは東京貿易会館でも銅像が置いてある場面などは別の建物にみえます。銅像場面の駐車スペースはこの都電が走る建物ではないでしょうか。



この「6162」という車体番号の都電は大塚公園に保存されています。
6000型という都電は昭和23年に三田車庫に配置され、昭和30年には青山車庫にも配置されています。銅像場面の本社ロケ地は青山車庫管内渋谷区ではないかと思いますが、いまだにわからずそのままにしてしまいました。星由里子さん、もうしわけありません。




映画終盤ちかく4人で訪れる遊園地はウォーターシュートがあり、おそらく豊島園でしょう。

ラストシーンで東宝映画なのにスカンジナビア航空を使ったのは、東京貿易会館隣の産業会館にスカンジナビア航空東京支店が入っていたことから見てタイアップ広告でしょう。









         




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

若大将アラウンド・ザ・ワールド [ 星由里子 ]
価格:13920円(税込、送料無料) (2018/5/18時点)


拍手[1回]

PR

「若い川の流れ」石原裕次郎の下宿は自由が丘か緑が丘

会社を休んだ石原裕次郎は銭湯に行きます。
銭湯「東湯」の隣「めし」と書いてある看板には(72)7018の電話番号。
現在の電話番号に置き換えると03-3723-7018。
ネット検索すると、この固定電話番号は、現在、自由が丘のとなり目黒区緑が丘2丁目にある会社がFAXで使っています。
その緑が丘の会社の近所に「みどり湯」という銭湯がありますが、看板を変えたのかは不明です。



銭湯の帰りに映画館に立ち寄り洋画の西部劇を見た裕次郎。
この映画館は、現在、パチンコ&スロットPREGOになっている場所にあった「自由が丘劇場」(目黒区自由が丘1-13-11)だと思います。昭和61年の地図にはまだ載っていますが、翌年の住宅地図では更地になっています。




下宿に帰ると、留守中に北原三枝が来ていましたが、とあることが原因で北原三枝は怒って帰ってしまいます。



追いかける裕次郎



現在も自由が丘駅前にある一誠堂(目黒区自由が丘1-29-7)の横を通り駅前バスターミナルへ



渋谷行きバスに乗った北原三枝を追いかけ満員のバスに乗り込みます。

途中でバスを降りてしまう北原三枝・・・



この場所は正確にはわかりませんが、にっかつの映画紹介サイトに列挙されたロケ地に「都立大学前」という記載があります。この場所が都立大学前だとするならば、都立大学駅北口の目黒通り沿いだと思います。



あるいは千田是也専務自宅近所の風景が柿の木坂辺りに似ているので、都立大学前というのは専務さんの自宅近所ロケ地なのかとも思いましたが、それならば柿の木坂と書くのではないでしょうか。

なお自由が丘駅前を通り渋谷へ行く路線バスは昭和57年のバスルートマップでもすでにありません。石原裕次郎の下宿近辺から都立大学駅へ行くとすると、田園調布から都立大学へ行くバスが自由が丘と緑が丘の間を通り都立大学駅南口のバス停を通り目黒通りを横断するかたちになります。



北原三枝が駆け込む交番は警視庁目黒警察署新町派出所となっていますが、そんな地名はないしセット撮影でしょう。




さてさて、話は進んで映画終わり近く・・・
有楽町で会食をした芦川いづみは石原裕次郎を自宅へと誘います。
今晩、自宅には北原三枝が来ていると伝えるタクシーの中から見える1階にパンアメリカン航空の看板が見える建物。この映画公開の前年暮れに出来たばかりの三菱商事ビル(後の三菱商事別館)です。



右側から丸の内三井ビル、三菱商事ビル、丸の内郵船ビル。いずれも現在は建替えられています。




この後、映画では東京駅方向から「荒川土手」行きの都バスが出て来ます。
この都バス路線は現在もあります。

         


拍手[3回]

東京人2018年5月号 1960~70年代ビル散歩レトロから超高層まで

東京人 2018年5月号

http://www.toshishuppan.co.jp/tokyojin.html

出版社名 都市出版
発売日 2018年4月3日
雑誌JAN 4910167250582
雑誌コード 16725-05
税込価格 930円



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京人 2018年 05月号 [雑誌]
価格:929円(税込、送料無料) (2018/4/4時点)







May 2018 no.396
contents

特集
レトロから超高層まで
1960~70年代
ビル散歩 10
写真・山田新治郎、泉 大悟

座談会
東京は、いかなるビルを求めてきたか 14
丸の内ビルヂング/三菱一号館/霞が関ビルディング ほか
青山やすし 都市調査会代表×藤森照信 江戸東京博物館館長×三栖邦博 日本建築士事務所協会連合会名誉会長


都市をつくるビル 10選
東京「ビル」考
新東京ビル/紀伊國屋ビルディング/大手町ビルヂング/
国際ビル・帝劇ビル/パレスサイドビル/新橋駅前ビル1号館・2号館/
新宿西口駅本屋ビル・地下鉄会館/
八重洲ダイビル/ニュー新橋ビル/青山タワービルディング
文・倉方俊輔 24

レトロビルで“昭和”を味わう
ストーン有楽町ビル店 有楽町ビルヂング/カフェ彩 新国際ビル/
はまの屋パーラー 新有楽町ビル/喫茶ローヤル 東京交通会館/
蘭 国際ビル/喫茶フジ ニュー新橋ビル/
パーラーキムラヤ 新橋駅前ビル1号館/レストランケルン TOTOビル
文・金丸裕子 41

やばいビル
命名を持つ、愛すべき無名の物件
名作コピー 世界の名建築を発見する/ガラス 輝く都市への誘惑/
ファサード 増殖するイタリア風/船形 モダニズム建築の憧れ/
フォント 書体の変遷を愛でる/バルコニー 連続する意志の強さ
文、写真・三浦 展 50

霞が関ビルディング
超高層の道を開いたパイオニア
文・磯 達雄 62

もっと知りたい超高層Q&A
高さの限界は?/代表的な構造は?/
木造で七十階建ての超高層ビルが建つ? ほか
文・三上美絵 68

複合開発で都市を生む
――それは、サンシャインシティから始まった
文・茂木俊輔 76

リノベーションが街の個性に
ブルーボトルコーヒー 三軒茶屋カフェ 82/
日本橋浜町「HAMA1961」 84/
大手町ビルヂング/FINOLAB 86
文・鈴木伸子

装飾の細部を愛でる
“いいビル”を彩る無駄が、個性と愛嬌につながる
外壁と壁画/バルコニー/ドアハンドル/窓/金物/床
文・西村依莉 88

高層ビルの楽しみ方
巨大な空洞のある高層ビル 96/
迫力のある、美しい吹き抜け 98/
今のうちに見ておくべき、解体予定のビル 100
文、写真・中谷幸司

先付 春夏秋冬 花残月 25 鮨てる
鮨春子(かすご)
文・瀬川慧 
写真・大山裕平 3

東京点画
団地の景色
文・宮内悠介 7
ネパール人の日常食は「ダルバート」
文・野津治仁 8
東京を偏在する
文・栁下恭平 9

曇天記 115
さがして います
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 102

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 91
八重洲地下街「エリックサウス八重洲店」の巻
スパイスはエリックさんの謎
文・林家正蔵 写真・川上尚見 104

赤坂人物散歩 13 今宵ホッピーをこの店で!
日本のオペラの先駆者
藤原義江
文・後藤隆基 108

フィーバー前夜2 ビリヤード場へ行こう! ビリヤード・ロサ
ビリヤード場は、いつの時代も人々の交流の場だった
文・北村誠人 110

「風紋」の人びと 2 林聖子に聞く
大正十二年、パリの大杉栄と林倭衛  ←ルビ・しずえ
文・森まゆみ 116

まちの仕掛け人たち33
江東区 豊洲
めざすは都会の「地産地消」、おじさんたちの奮闘が支える
豊洲はちみつプロジェクト。
豊洲商友会協同組合
文・吉田千春 124

「地域学」が花開く!
「新宿学」戸沼幸市/「渋谷学」石井研士/「池袋学」渡辺憲司
文・松井美緒 126

東京つれづれ日誌 95
鉄道“二本立て”で、福島再訪
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview
国立映画アーカイブ館長
岡島尚志 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部直 平松洋子 134
今月の東京本 137

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 112
バックナンバー114
編集後記、次号予告 146

拍手[1回]

 髙見澤俊彦「音叉」ついに完結 オール讀物4月号

オール讀物2018年4月号 

https://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/




話題の初小説ついに完結
音叉(おんさ)   髙見澤俊彦
ジュブナイルの活動や加奈子への愛の中で迷う雅彦の未来は






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オール讀物 2018年 03月号 [雑誌]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/3/22時点)


拍手[3回]

「若い川の流れ」千田是也専務の自宅は都立園芸高校の近所

またもや話が戻ります。
石原裕次郎と北原三枝が働く会社は大手町ビルディングにあります。
土曜日の午後、専務の千田是也から自宅に届け物をしてほしいと石原裕次郎が頼まれるところから話は始まります。
その直後、女性社員たちが立ち話をする場面、うしろに花屋さんがあります。



この映画が上映された2年前、昭和32年に大手町ビルが出来た時から1階にあるハセガワフローリスト大手町ビル店。60年以上経っても店舗デザインが同じです。






専務さんの自宅へ行くと、一人娘の芦川いづみさんから自分と見合いさせるため届け物をさせられたと教えられた石原裕次郎。芦川いづみさんも裕次郎さんのことを気に入り、趣味はテニスという石原裕次郎を近所のテニスコートに誘います。
このテニスコートのロケ地は、玉川電話局テニスコートだと日活の映画紹介サイトに書いてあります。玉川電話局の住所は世田谷区中町3-3。現在はテニスコートは見当たりませんが、映画で火の見櫓が写っている場所が玉川消防署ですね。





テニスを終えた後、二人があるく銀杏並木。映画ポスターでも使われている場所です。
もしやと思い、玉川電話局北側にある都立園芸高校(世田谷区深沢5-38-1)の写真を見てみると、ありましたありました。校門からの見事な銀杏並木。(グーグルマップでは見えにくくてスミマセン。こちらを見て下さい。⇒


専務さんの自宅はこのお宅です。もしかして、この近所でロケーション撮影したかも知れません。









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

石原裕次郎日本人が最も愛した男 [ 石原まき子 ]
価格:3456円(税込、送料無料) (2018/2/16時点)





拍手[6回]

「若い川の流れ」石原裕次郎は自由が丘「馬里邑」横で公衆電話を借りる

 前回の川地民夫出演場面、四谷外濠グラウンドへ行く前ですが、石原裕次郎・北原三枝はビルディングの屋上を歩きます。
二人の勤務先は、この映画の2年前に出来た大手町ビルディングが映し出されますが、屋上場面は日比谷の日活本社屋上。現在、ペニンシュラ東京になっている場所です。



不二越ビル(現フジコシビル)屋上にあった森永の地球儀広告塔、東芝のマツダビルなどがうつっています。




上京した両親がタクシーに乗るのを見送った石原裕次郎は、道路を渡り「すいません 電話貸して下さい」果物屋さんの女性は「どうぞ」と応じます。昭和34年当時、店先の公衆電話を使うとき、わざわざ声を掛けるのがマナーだったのでしょうか。


果物屋さんの両側に「馬里邑」の文字。果物屋さんは「馬里邑」角の部分だけ使っている様子。
「馬里邑」のサイトをみると、昭和36年に田園調布に移転したそうですが、この時はまだ創業した自由が丘にあります。




右奥に「都寿司」の看板があるので場所がわかりました。



都寿司はすでに閉店している様子ですが、グルメサイトで住所が出て来ます。
東京都目黒区自由が丘2-11-1
自由が丘駅前のこの場所で、石原裕次郎は電話を借りています。





昭和の終わり当時の地図をみると、この店舗の左側、現在薬屋さんになっている場所にあった「越後屋」さんは果物屋さん。越後屋さんが最初に出店していた場所が、この角地だったのでしょうか?










      

拍手[4回]

「若い川の流れ」で川地民夫が石原裕次郎・北原三枝にからんだ場所



デート中の石原裕次郎と北原三枝 前方から歩いてきた不良少年二人組




北原三枝は不良少年二人組の一人、川地民夫の手を引き現金を渡します。
実は川地民夫は北原三枝の弟でした。

ここは外濠通り。現在の外濠グラウンド横あたりになります。
下の写真で川地民夫の左側に写っている建物が、建て替え前の雙葉学園校舎。
現在は木が繁ってよく見えませんが、この辺りです。 → 



街灯は当時と同じ場所でしょう。


上の写真で右手にある建物は光文書院と中華学校だと思います。

この場所は日活映画「青年の樹」で、クルマで走り抜け都電と衝突しそうになる場面でも使われています。





   


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

石原裕次郎シアター DVDコレクション 第3号 陽のあたる坂道
価格:1789円(税込、送料無料) (2018/2/12時点)


拍手[3回]

日本テレビ「もみ消して冬」北沢家自宅洋館ロケ地は自社所有地



2018年1月13日(土曜日)開始の日本テレビドラマ「もみ消して冬」の予告編をテレビで流しています。最初に出てくる洋館が自宅ロケ地らしい。

この建物は旧朝吹邸といって東芝が迎賓館として使っていた建物。一昨年、日本テレビに売却されています。





東芝の迎賓施設、日テレに売却 旧三井財閥ゆかりの会館
2017年2月10日20時55分(朝日新聞)




★住所は東京都港区高輪3-19-1ですが、崖の上にあり外からは覗けません。




         


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死ぬまでに見たい洋館の最高傑作 [ 青木祐介 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/1/12時点)


拍手[9回]

東京人 2018年2月号 明治維新150年 明治を支えた幕臣・賊軍人士たち

東京人 2018年2月号

http://www.toshishuppan.co.jp/tokyojin_shousai.php


出版社名 都市出版
発売日 2018年1月4日
雑誌JAN 4910167250285
雑誌コード 16725-02
税込価格 930円




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京人 2018年 02月号 [雑誌]
価格:929円(税込、送料無料) (2018/1/6時点)







2月号 February  2018  No.392;

CONTENTS

東京人
february 2018  no.340
contents

特集
明治維新150年
明治を支えた幕臣・賊軍人士たち 10
絵・ヨシムラヒロム

幕末諸藩地図
絵・尾黒ケンジ 14

座談会
明治政府も偉かったけど、幕府も捨てたものではない
東京大学客員教授 御厨貴×作家 関川夏央×作家 幸田真音 17

戊辰戦争――薩長史観を排した祖父・相之助
文・藤原作弥 25

明治天皇より「大命降下」された「十六代将軍」高祖父・德川家達
文・德川家広 26

幕府や藩を乗り越えて、日本のあるべき姿を求めた、高祖父・勝海舟
文・高山みな子 27

政治家・官僚 28
復古か、革命か、革新か
勝者の僥倖と敗者の努力
文・清水唯一郎 30

東京遷都 
明治の東京パリ計画
文・藤森照信 34

日露戦争 
戦場と戦費を支えた立役者たち
文・武田櫂太郎 36

民部省改正掛 
近代化の司令塔としての渋沢栄一 38

経済・実業 40
近代日本資本主義の種は幕末に撒かれていた
文・小島英記 42

長崎・横須賀製鉄所 
幕府の遺産で行われた近代化
文・國定隆文 48

老舗企業
幕末・維新を生きのびた日本橋の大店たち
文・髙瀬文人 50

年表 
幕末から日露戦争終結までの日本の動き 54

医療・衛生 56
日本近代医学の礎を築いた“医人”たち
文・山崎光夫 58

伝染病研究所 
世界的細菌学者を支えた適塾人脈と長岡人脈
文・森孝之 64

文芸・芸術・芸能 66
明治文芸をリードした「江戸の空気」
文・森まゆみ 68

時代小説 
敗者の気概、意地、誇りがにじみ出る
文・川本三郎 72

丸善と天賞堂 
西洋を輸入した福沢諭吉と福地桜痴
文・武田櫂太郎 76

明治文化データ集 
近ごろミヤコで流行るモノ 78 

ジャーナリズム 80
反骨、権力批判、パロディ精神……
新聞こそが徳川方の新天地
文・奥武則 82

学問・思想 88
近代化を牽引した幕臣たち
文・安藤優一郎 90

遣米・遣欧使節団
いち早く西洋を体験した幕府の外交使節たち 94

会津籠城四人組
教育立国を支えた会津藩の子弟たち
文・中村彰彦 96

沼津兵学校 
「綺麗星」の人材が並ぶ
文・後藤隆基 100

明六社
旧幕臣を中心にした、新国家の啓蒙学術団体 102


先付 春夏秋冬 22 たく庵
初春 嘉肴
文・瀬川慧
写真・大山裕平

東京点画
カスピ海、十五年目の再会
文・渡邉義孝 7
マイノリティーの夜
文・高山邦男 8
誰も感じたことのない世界
若松英輔 9



曇天記 112
コーンが入っていた 
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 104

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 88
新宿「レストラン はやしや」の巻
「昭和の日本」が真空パック
文・林家正蔵 写真・川上尚見 106

赤坂人物散歩 10 今宵ホッピーをこの店で!
九条節子(貞明皇后) 
赤坂からお輿入れした大正天皇妃
文・後藤隆基 110

没後四十五年 短期連載最終回
都市観察者 明治から昭和の東京を生きて
鏑木清方
「新江東」にふるさとを求めて
文・谷口榮 116

街の仕掛け人たち30
杉並区高円寺 高円寺演芸まつり
まちぐるみの演芸イベントは、商店街での立ち話から生まれた
文・金丸裕子 124

“健全夢世界”の終焉
さようなら!銀座キャバレー 
「白いばら」
文、絵・なかだえり 126

東京つれづれ日誌 92
鉄道旅の寄り道は中田島砂丘
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview
東京都都市整備局
都市づくり政策部開発企画課長 
高橋竜太郎 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部直 平松洋子 134

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 112
バックナンバー114
編集後記、次号予告 146


拍手[10回]

フリーエリア













最新コメント

[04/30 パート警備員]
[03/05 ぬこ]
[01/14 Y.Sugahara]
[01/13 木村]
[12/28 近藤]
[11/21 遠景]
[09/23 logic@サプライズ家庭教師]
[08/19 グズグズ]
[08/15 グズグズ]
[07/20 maru]

カテゴリー

P R

プロフィール

HN:
tokusaburo
性別:
男性

コガネモチ

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メールフォーム(TOKUSABURO宛)

バーコード

ブログ内検索