忍者ブログ

東京「あの場所は?」秘宝館

映画やテレビのロケ地、取り壊された建物、あの場所には何があったか、誰も価値を見出さないお宝グッズなどを紹介します。★拍手コメントはブログ管理人TOKUSABUROは拝見出来ますが、お返事が出来ません。なるべく記事下のコメント欄(CM)をご利用ください。匿名、URLなしでもコメント出来ます。(TOKUSABURO宛メールは、メールフォーム欄から送信してください)

「続・サラリーマン忠臣蔵」天野義平と「日本一のゴマすり男」目高重役は同居していた

「続・サラリーマン忠臣蔵」天野化学社長・天野義平(左卜全)宅を訪れた大石社長(森繁久彌)と寺岡平太郎(小林桂樹)。

 

自宅の門を潜ると、落ち葉を掃いていた老人が天野社長その人でした。



この門・・・以前も植木等さんが潜っていましたね。
そうです。「日本一のゴマすり男」の目高重役の御自宅。
五島美術館(東京都世田谷区上野毛3−9−25) の不老門です。
当時の不老門は、現在とは異なり道路に面していたようですね。




目高重役(高田稔)は学究肌の人で大掃除の人手が足りなくて困っていると、目高夫人(京塚昌子)から聞き、急遽、春山部長(有島一郎)の引っ越しの手伝いに動員していた学生たちを連れてきて大掃除を手伝います。

重役とはいえ自動車販売会社の常務が大きな家に住んでいると思ったら、天野産業社長の自宅でマスオさん生活をしていたのですね。(笑)




天野社長に招き入れられた部屋は、五島美術館の茶室「富士見亭」に似ていますが配置が異なります。おそらく、富士見亭を参考にしたセット撮影だと思います。



















拍手[6回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

フリーエリア













最新コメント

[08/19 グズグズ]
[08/15 グズグズ]
[07/20 maru]
[07/20 maru]
[04/09 NO NAME]
[01/10 Hiroyuki Sasaki]
[08/07 渡辺]
[02/23 たみたみ]
[01/14 D組のS]
[08/18 かおるん]

カテゴリー

P R

プロフィール

HN:
tokusaburo
性別:
男性

コガネモチ

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 5
6 8 9 10 11 12
14 15 17 18 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メールフォーム(TOKUSABURO宛)

バーコード

ブログ内検索