忍者ブログ

東京「あの場所は?」秘宝館

映画やテレビのロケ地、取り壊された建物、あの場所には何があったか、誰も価値を見出さないお宝グッズなどを紹介します。★拍手コメントはブログ管理人TOKUSABUROは拝見出来ますが、お返事が出来ません。なるべく記事下のコメント欄(CM)をご利用ください。匿名、URLなしでもコメント出来ます。(TOKUSABURO宛メールは、メールフォーム欄から送信してください)

東宝映画「大冒険」渋谷桜丘の日本会館がアパートだった頃

先日「クレージー『大冒険』植木等が馬から汽車へ飛び移ったロケ地」で触れた、古澤憲吾監督の「千葉の田舎の方」という回想は勘違いで、茨城県の関東鉄道でロケーション撮影をしたことが、麻布田能久さんと荻窪東宝さんのおかげでわかりました。
植木等さんが飛び移る車輌番号「ワフ103」は国鉄から関東鉄道に払い下げられていて、機関車は関東鉄道の8号機関車という車輌でした。ありがとうございます。
千代田線と常磐線の相互乗り入れ以来、関東鉄道沿線も東京通勤圏になり「チバラギ県」などと言われていますから、古澤監督の勘違いもわかります。


ただし、馬と機関車の前後の場面は揖斐川橋梁付近とやはり揖斐川に架かる他の橋を使い撮影、さらには検問所場面のロケ地も麻布田能久さんが特定してしまいました。(ビックリ)


このロケ地研究に於けるSTAP細胞並みの発見は世に知らしめるべきではないかと申し上げたところ、麻布田能久さんが傘下の「丸急百貨店」で、大冒険ロケ地公開を開始してくださいました。第一回は渋谷です。


ところが「01_植松のアパート周辺」に早くも間違えが・・・


「植松の住むアパートは渋谷区桜丘町18-6日本会館。現在は建て替えられている。


この建物の詳しいことは以下 東京「あの場所は?」秘宝館 の管理人さんに聞いてください^^」


・・・ワタシ、 日本会館のこと、全然詳しくないです。(汗&笑)


東宝昭和の爆笑喜劇DVDブック「大冒険」(2014年2月11日号)の 「桜丘の日本会館」というコラムで、昭和14年に建てられ平成7年まであったので、テレビドラマ「キミの瞳をタイホする」などにも出てくると紹介されています。


ここでは、昭和56年当時の渋谷空撮に写っているアパート時代の日本会館(現在は同じ名前で貸しビルになっています)をズーミングします。




 








写真は六興出版「東京 四半世紀の変貌」より




拍手[13回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

フリーエリア













最新コメント

[09/23 logic@サプライズ家庭教師]
[08/19 グズグズ]
[08/15 グズグズ]
[07/20 maru]
[07/20 maru]
[04/09 NO NAME]
[01/10 Hiroyuki Sasaki]
[08/07 渡辺]
[02/23 たみたみ]
[01/14 D組のS]

カテゴリー

P R

プロフィール

HN:
tokusaburo
性別:
男性

コガネモチ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メールフォーム(TOKUSABURO宛)

バーコード

ブログ内検索