忍者ブログ

東京「あの場所は?」秘宝館

映画やテレビのロケ地、取り壊された建物、あの場所には何があったか、誰も価値を見出さないお宝グッズなどを紹介します。★拍手コメントはブログ管理人TOKUSABUROは拝見出来ますが、お返事が出来ません。なるべく記事下のコメント欄(CM)をご利用ください。匿名、URLなしでもコメント出来ます。(TOKUSABURO宛メールは、メールフォーム欄から送信してください)

RE:大学の石松に出てくる建物

メールボックスに以下のお便りをいただきました。

------------------------------------------------
大学の石松に出てくる建物


いつも楽しく見させてもらっています。もしかしたらご存じかなと思いメールしました。Yahooの知恵袋でも質問をしたのですかこの建物がわかりません。何かご存じではないでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=14129032249#328656340



-----------------------------------------------

発信メールアドレスにメールボックスから返信しようとしても、なぜかグーグルクロームが開いてしまう(ワタシのメールボクス設定ミスかな?後で調べて置きます)ので、ブログ記事でお返事します。

「Yahooの知恵袋」でお見込みの東京大学医科学研究所と同じ敷地内、目黒通り沿いにある旧国立公衆衛生院の建物を西から撮っていると思います。

建物は現存しているものの廃墟になっているようですね。
http://www.funkygoods.com/hai/eisei/eisei.html

Bingマップで「東京都港区白銀台4-6-1」(医科研の住所)を入力し回転させると、空撮ですが全体像が見られます。



戦後昭和の映画でロケ地が「医科研」(古くは「伝染病研究所」で伝研と言いました)とされているものも、この公衆衛生院の建物を使っていることが多いようです。

ほかにも松竹映画「アジャパー天国」や東宝映画で若い医学生を描いた映画(名前が思い出せません)、吉永小百合が出る日活映画などでも、この公衆衛生院の建物が使われていたと記憶します。公衆衛生院は土曜日午後と日曜日は閉庁するので撮影がしやすかったのでしょう。

目黒通り日吉坂上は、道路が拡幅される前は空襲を免れた黒い下見板の木造建築の商店街がありました。地下鉄の駅があるところが本屋さん、化血研があるところが石屋さんでした。(記憶違いでした。「港区白金台4丁目日吉坂上の家並み」で訂正しました。)

目黒駅そばのシティーコート目黒となっているところが、戦前の海軍大学校跡地。戦後は厚生省の国立予防衛生研究所(予研)として使っていました。このあたりは戦後日本の伝染病研究地帯でした。

私の父は厚生省勤務の伝染病研究医で予研にいたので、つい懐かしくなってしまいました。

余計な話を長々とスミマセン。






拍手[8回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

フリーエリア













最新コメント

[08/19 グズグズ]
[08/15 グズグズ]
[07/20 maru]
[07/20 maru]
[04/09 NO NAME]
[01/10 Hiroyuki Sasaki]
[08/07 渡辺]
[02/23 たみたみ]
[01/14 D組のS]
[08/18 かおるん]

カテゴリー

P R

プロフィール

HN:
tokusaburo
性別:
男性

コガネモチ

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 5
6 8 9 10 11 12
14 15 17 18 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メールフォーム(TOKUSABURO宛)

バーコード

ブログ内検索