忍者ブログ

東京「あの場所は?」秘宝館

映画やテレビのロケ地、取り壊された建物、あの場所には何があったか、誰も価値を見出さないお宝グッズなどを紹介します。★拍手コメントはブログ管理人TOKUSABUROは拝見出来ますが、お返事が出来ません。なるべく記事下のコメント欄(CM)をご利用ください。匿名、URLなしでもコメント出来ます。(TOKUSABURO宛メールは、メールフォーム欄から送信してください)

東宝映画「社長外遊記」丸急百貨店ロケ地が「マツダビルディング」だった頃

本日、DVDマガジンが発売された「社長外遊記」のロケ地は、すでに荻窪東宝さんと麻布田能久さんが、ハワイでのロケ地まで調査研究されているので、とても太刀打ち出来ません。

 社長外遊記(荻窪東宝)
 

 荻窪東宝Facebook


 
   麻布田能久


そこで裏ワザ・・・DVDマガジンの「ロケ地は今」で取り上げられている「モザイク銀座阪急」の前身、数寄屋橋マツダビルディング完成当時の写真をアップしました。

出典は銀座文化研究別冊「震災復興〈大銀座〉の街並みから 清水組資料」(1995年刊)




昭和8年(1933年)に完成した当時は、東京電気株式会社(後の東芝)本社ビルであると共に、マツダランプ照明器具の販売ショールームになっていたそうです。



屋上から撮影した写真。右側に写っているのが松屋百貨店。
屋上の塔屋は夜間ライトアップされるため、塔屋の周りに照明器具が設置されています。
一階のショールームは、電動自動ドアで、完成当初から電気冷暖房装置がついていたそうです。

ちなみに戦後の建物で、全館冷房がつき話題になったのは昭和32年完成の大手町ビル。
東宝映画の屋上ロケでよく使われた建物ですね。

 

8階には、横浜のホテル・ニューグランドがレストランを出していたんですと。
ただし、この8階、当初は殿方用の洗面室しかなかったらしい。



下は昭和45年(1970年)当時の航空写真。
この建物が新橋側に増床改築され、東芝銀座ビルとなったのは、映画「社長外遊記」撮影の3年後、昭和41年だそうです。
増床改築後も、数寄屋橋阪急百貨店は、元の「マツダビルディング」の部分の一部だけで、増床部分は1階部分に「旭屋書店」などのテナントが入居している以外はオフィスフロアでした。
でも、航空写真で見ると、屋上ビヤガーデンは屋上いっぱいに展開していますね。






下の写真は、以前、JR東日本が各駅に置いていた「駅とタウンガイド」有楽町駅です。
すでに東京国際フォーラムが建っており1997年以降の撮影です。



この数寄屋橋阪急百貨店前の横断歩道は「植木等さんと行く「その場所に女ありて」ロケ地」でも触れたとおり、東宝映画によく登場しています。
おそらく、東宝が阪急電鉄系列だったからでしょう。

  



 


拍手[4回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

フリーエリア













最新コメント

[04/09 NO NAME]
[01/10 Hiroyuki Sasaki]
[08/07 渡辺]
[02/23 たみたみ]
[01/14 D組のS]
[08/18 かおるん]
[08/10 Tokusaburo]
[05/25 くに]
[03/21 キスカ湾]
[03/21 キスカ湾]

カテゴリー

P R

プロフィール

HN:
tokusaburo
性別:
男性

コガネモチ

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メールフォーム(TOKUSABURO宛)

バーコード

ブログ内検索